スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |

マイコレクション「スズキ ワゴンR RR セット」

2007-11-25 Sun 23:03

Qステア スズキ ワゴンR RR セット

マイコレクションQステアをお披露目するコーナー。
今回主役となるQステアは、
「ワゴンR RR(ワゴンアール ダブルアール)セット」です。



正式名称(説明書の記載から)

Qsteer スズキワゴンR RR 2台セット


内容物

・WAGONR RR(白) … (A/Bバンド)
・WAGONR RR(黒) … (C/Dバンド)
・パイロン5個(赤色)


コラボ企業

SUZUKI (スズキ/自動車メーカー)


発売日

・ 2007年2月下旬(限定販売)


価格

2,730円?(税抜 2,600円?)
↑かなりリーズナブル!
… 私の場合、代理人がYahoo!オークションで入手


販売場所

・SUZUKIの販売店/ディーラー


Qステア スズキ ワゴンR RR
Qステア スズキ ワゴンR RR 後
Qステア スズキ ワゴンR RR セット パッケージ



このワゴンRは、間違いなく、私がいちばん乗り回したQステア。
特にホワイトのほうは、ブラックよりも、そして自分が所有するどのQステアよりも
曲がりやすく、安定した走行が可能なクルマであった
(理由はわからないが、きっと“アタリ”を引いたのだろう)。
Q.C.C.レース大会でも、ホワイトはよく活躍してくれたものである。

色はシンプル。装飾少なし。ボディ形状もちょっとごつい。
東京モーターショー2007」で販売された限定Qステア「MO7-7 スズキ ワゴンR RR」には
黄色いロゴが入っているから良いのだが、
この白黒セットに関しては、カラフル好きな私にとっては我慢ならないものがあり、
結局カラーホイールをはかせてしまった

でも、そんな悪戯をも包容してしまうのも、シンプルカラーのなせるワザ。
「ワゴンR RR」は走りの面でも色遊びの面でも
とても扱いやすいQステアだと、私は思っている。


……あっ、いや待てよ。走りの面についてはちょっと語弊があるな…。( ̄~ ̄;
実はこのワゴンR、ノーマルなゴムタイヤをはかせたときは扱いやすいが、
ジムカーナ用にスピンタイヤをはかせたときは、それほどでもない。
むしろ例えばリーボックスカイライン(R32)にスピンタイヤをはかせたほうが
断然操作しやすく、速いと思う。

私は物理的な学問には縁がなかった人間なので断定はできないのだが、
おそらくスピンタイヤを使うときは、車高が高くて重めのワゴンRよりも、
車高が低くて軽めのリーボックスカイラインのようなQステアのほうが
地を這うのごとく走れるため、スピード感が全く違う。
ちなみに下の動画ではほぼ同じ条件下でも約1秒の差がでた
(Qステアのレース等では結構大きな差である)。

そんなわけで訂正…
「ワゴンR RR」は、“ノーマルタイヤ使用時においては” とても扱いやすいQステアだと、
私は切に思うわけなのであります(^^;

- おしまい -





↑どちらもノーマルギア・ハイスピードモーター・スピンタイヤを使用。
5周タイム… ワゴンR RR : 36秒8 / リーボック : 35秒2


別窓 | ’07年の日記 |
| アスレチック Qステア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。