スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |

Qステアチューンナップテク&…「制動距離」?!

2007-05-31 Thu 01:18
もうすぐ初めての公式大会。
私は秋田県民であり、おいそれと東京へは行けない。
仕事もあるので、今回は出場されるみなさんを
影ながら応援しています!

ところで、いよいよ大会をひかえた方々や
ステア研究者の方たちの素晴らしい(すごすぎる!)研究ブログを読み、
速さを極めるための方法をいろいろと拝見した。
これはとても勉強になった。
そこで、私なりにちょっとだけピックアップしてみた(2007年5月末現在)。

例えばモーターの選択。
ステアのモーターには通称「白モーター」と「緑モーター」があり、
「緑モーター」のほうが速いらしい。
(私もやってみたが…なるほど、微妙ながら確かに速いかも!)

また、私も研究した「後輪タイヤ」
最近発売のものならば幅が狭いタイヤをはいているから大丈夫。
注意すべきは初期発売のステアを持っている人。
小回りの利き方が断然違います。
大会に出場するなら「新タイヤ」装着をオススメします!

あとは車種による速さや小回りの利き方・重量の違いなど。
…ただ、これは確かにそのとおり!な情報なんだけど、
私はやっぱりその人その人がお気に入りの車種で走るのが良いと思うので、
あえてどの車両が良いとかは私は言えない。

あとはやはりパワーアップアイテムを使うこと。
現時点(2007年5月現在)では
「コルベットC3」付属のハイスピードギアユニットが唯一のアイテム。
のちのち「ハイパフォーマンスモーター(仮)」なるものも登場するらしいけど、
モーターに関してはとりあえず今選ぶべきは
さきの「緑モーター」であろう。


まだまだほかにも有力なチューンナップテクニックがネット上で語られている。
今回はその一端にしか触れていないが…


…ここからはひとりごと。
私が「なんとなく」わかったステアのスピードの「伸び」の話。
ご賛同いただけるものではないかもしれないので、
これはあくまでも「ひとりごと」である…。
Qステアチューンナップテク&…「制動距離」?!…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | ’07年の日記 |

Qステア ワゴンR RR

2007-05-30 Wed 21:35
IMG_0517.jpg

・Qsteer WAGONR RRセット ワゴンR RR(白)
別窓 | ’07年の日記 |

Qステア インプレッサWRX

2007-05-29 Tue 20:50
IMG_0223.jpg

・Qsteer QS-03 インプレッサWRX
別窓 | ’07年の日記 |

Qステア スバル360 auカラー

2007-05-25 Fri 23:14
IMG_0462.jpg


・au × Qsteer スバル360 au限定カラー
別窓 | ’07年の日記 |

コーナリングに差が出る! 後輪タイヤ新旧比較(3)

2007-05-25 Fri 22:54
新旧タイヤ比較(1)(2)(3)

新旧タイヤをシャッフルして再検証!

(7) ランエボVIII と フィアット500 のタイヤを交換する

IMG_0325x007_002.jpg

検証順車両名スピードタイヤ
ランエボVIII普通旧タイヤ → 新タイヤ
フィアット500やや遅い新タイヤ → 旧タイヤ




この状態で、2台のコーナリング性能は変化するだろうか?

別窓 | 手作りコースアイテムなど |

コーナリングに差が出る! 後輪タイヤ新旧比較(2)

2007-05-25 Fri 03:00
新旧タイヤ比較(1)(2)(3)

今回比較に用いたQステア

 ・ランサーエボリューションVIII(QSRS-02 レーシングセットより)
 ・フィアット500(QSS-04 FIAT500)
 ・コルベットC3(QSH-01 コルベットC3)

IMG_0286.jpg


検証条件

 ● 各車両に改造等を施さない(ハイスピードギアユニット等を用いない)。
 ● 電池残量やギアのなめらかさなど、車体の条件は特にそろえない
  (そのほうがかえって結果がわかりやすく出たため)。
 ● ダッシュボタンは使わない。
 ● 45.6×59.4cm のマット(だいたいA2サイズ。百円ショップで購入)の上で検証。
 ●Qステア用パイロンを目印として用いる。



それでは検証スタート!

別窓 | 手作りコースアイテムなど |

コーナリングに差が出る! 後輪タイヤ新旧比較(1)

2007-05-24 Thu 23:44
新旧タイヤ比較(1)(2)(3)

あなたの自慢のQステアはなんですか?

そのQステアは、
下の写真にうつっている2種類のうち、
どちらの形状のタイヤをはいていますか?

R0011730.jpg


別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステアとは? (Qsteer/キューステアとは)

2007-05-21 Mon 20:30
Qステア

overview -概要-
Qステアは、前後左右、自由な操作が可能な、超小型の赤外線リモートコントロールカー。
2006年9月よりタカラトミーから発売が開始された。
タカラトミーが誇るゼンマイ式プルバックカー「チョロQ」の進化形ともいえるおもちゃで、
サイズはチョロQとほぼ同じ4~5cmほど。実車をコミカルにデフォルメした姿が愛らしい。
細かな造形と塗装が最初から施されているためコレクション性も高く、
発売当初からの人気者である。


mechanism -機構-
前輪に備わるステアリング機構により、左右へのスムーズなコーナリングが可能。
またサスペンションの働きにより、ちょっとした凸凹程度であれば転倒したりせず、
安定した走行が可能となっている。
本体のバッテリーはボタン電池(LR44)2個。
リアに積んだ超小型モーターを回転させることにより、前進・後進する。
その小さな筐体に、タカラトミーが培ってきた技術がギッシリ詰まっているのである。


remote control -リモートコントロール-
コントローラーには前・後・左・右ボタン・ダッシュボタン・赤外線バンド切替スイッチが
配備されている。動作にはボタン電池(LR44)2個が必要(ボディぶんも含めて計4個)。
コントローラーから発せられる赤外線には4つのバンド(A/B/C/D)があり、
同時に複数の人がマシン操作を楽しむことができる。
(※Qステア本体側は各車2種類の赤外線バンドに対応)

Qステアの赤外線バンド
A/Bバンド対応車両(左) と C/Dバンド対応車両(右)とがある
※タミヤRCバギーはどれか1つのバンドにのみ対応


手のひらにのる小ささにもかかわらず、
高性能のメカニズムとリモートコントロール機能を備えるQステア。
しかしその価格は、車両・リモコン同梱の基本セット 「スターターセット」 でも
定価わずか1280円。驚くほどリーズナブルである。

ラインナップも充実しており、他メーカーとの コラボ製品 なども登場している。
(代表的なコラボ企業…au・マルちゃん(東洋水産)・ユニクロ・バス会社・タミヤ模型など)

2008.08.30.更新

別窓 | Qステアとは? |

タミヤ×Qステア! ホーネットがQステアに!!!

2007-05-20 Sun 16:23
さっきQステアの公式HPをみたら情報が掲載されていてビックリ!
でも実は以前からこのウワサはあったようで、
「Qステア タミヤ」でブログ記事検索したら
すでに知っている方がたくさんいらっしゃったようです(^^;

Qステア公式ページに登場している「ホーネット」といえば
個人的には「RCカー」としてよりも「ミニ四駆」の印象が強いです。
友人たちがミニ四駆のホーネットやホットショットで遊んでいたのが記憶にあります。
自分はサンダードラゴンやエンペラー派だったので、
あまりバギー系は持っていませんでした。
あっ、でもグラスホッパーは持っていたな!
いろいろ思い出してきた。なんだか懐かしいなあ(^0^)

しかし今タミヤのホームページを見てみると、
RCカーってやっぱりすごくカッコイイ!
ホーネット … http://202.210.47.1/japan/products/58336hornet/index.htm
マイティフロッグ … http://www.tamiya.com/japan/products/57756xbfrog/index.htm
グラスホッパー … http://www.tamiya.com/japan/products/57746grasshopper/index.htm

でも私にとってはタミヤのRCはいまだに高嶺の花。
今回のQステアでの登場はすごく嬉しいです!
9月に上記URLの3台が登場予定のようですが、
グラスホッパーはきっと買います!^^
別窓 | ’07年の日記 |

Qステア ランエボWRC編 & インプレッサWRX

2007-05-19 Sat 22:29
キューステア ランエボWRC インプレッサWRX

・QSRS-02 ランサーエボリューションⅧ WRC 05 type
・QS-03 インプレッサWRX

背景は「ブックスタンド・トンネル」
別窓 | ’07年の日記 |

Qステアと「ブックスタンド交差点」

2007-05-19 Sat 22:19
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

本日は100円ショップでみつけたブックスタンド(本立て)を使って
ちょっとした交差点をつくってみた。


用意するもの

 ・ブックスタンド(写真にあるようなタイプのもの。道幅を広く出来そうなものがGOOD!

 ・丈夫で柔らかい紙(画用紙や名刺など。今回は名刺の用紙を使用)

 ・両面テープ

R0011867.jpg

R0011840.jpg


つくりかた

・まず両面テープを 上の写真のように
 紙(名刺)のウラ3ヵ所(紙の真ん中と両端)に貼る。

・テープの剥離紙をはがし、紙をブックスタンドの段差部分と床とに固定する。
※フローリングの床板などに直接貼ると、はがすときに床を傷つけかねない。
そういう場合は大きめの画用紙などを下に敷こう!


・これでQステアがスムーズに走れるようになる。
 すべての段差に貼れば、2本の通路が完成。
 この2本と交差するブックスタンドの穴も通路と見立てれば、
 あっという間にQステア専用交差点のできあがり~!!

R0011842.jpg


※ちなみに、紙を貼らなくてもステアによっては段差を乗り越えられるけど、
ボディが傷つく可能性があるため、
今回のように手を加えた方がベストかと思います。



この交差点は遊んでみたらけっこうハマってしまいました(^^)
ただ、無理な走行をするとステアが壁にガツガツとぶつかって
車体を傷つけてしまう場合もあるので、
交差点に進入する際はスピードを落として慎重に運転しましょう!
また友達と遊ぶときも衝突しないようにご注意を!
クルマもステアも安全運転で。

R0011847.jpg



--- 関連する記事 ---
・Qステアと「ブックスタンド・トンネル」
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-11.html
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステアと「ブックスタンド・トンネル」

2007-05-18 Fri 22:58
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

ただいま進行中 新旧タイヤ研究

2007-05-17 Thu 22:50
初期Qステアのタイヤと最近出た車種のタイヤ、
はたして走りに違いがでるのか?!


……… (-_-) ………


…じつはQステアフリークたちの間では
すでに知られていることだったりするけど………


……だってやってみたかったんだもの!
しかたがないじゃないかーーーーーーーーーっ!!!


ってことでただいま検証中。
近日結果公開予定。
R0011730.jpg

別窓 | ’07年の日記 |

Qステア フィアット500

2007-05-17 Thu 00:42
R0011789.jpg

Qsteer QSS-04 FIAT500
別窓 | ’07年の日記 |

修正:コーン→パイロン

2007-05-14 Mon 21:33
R0011728.jpg

昨晩の記事で、
「パイロン」のことを
「コーン」と書いていたことが発覚っ!! Σ( ̄□ ̄;
決して間違ってはいないのだが、
目の前に「パイロン」と書かれたQステアの箱があっただけに
軽くショックを受けている…

…とりあえず気づいたとこは訂正しました…
別窓 | ’07年の日記 |

Qステア インプレッサ&ランサーWRC編

2007-05-14 Mon 01:10
R0011695.jpg

2007_0512.jpg

Qsteer QSRS-02 インプレッサ&ランサーWRC編
・インプレッサ WRC 2006
・ランサーエボリューションVIII WRC 05 type
別窓 | ’07年の日記 |

Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(2)―

2007-05-14 Mon 01:03
前回は、みんなでレースなどしてQステアを楽しむ場合は1人1台、というのが一般的であることを
やや遠回しに書いたけど(いや書いてないか?)、
それはA・B・C・Dの4つの「バンド」があるからこそ可能なのである。
バンドが異なるようにセッティングすれば、最大4人・車体4台で遊ぶことが出来る。

では、ちょっと考え方を変えて、
バンドを一致させたらどうなるだろうか。

答えはカンタン。
1個のリモコンの操作で複数のQステアがみんな同じように動く。

「うわっ、まずい! バンド替えなきゃ!」

と思ったあなた。ちょっと待って!
この事実って、けっこう楽しい遊び方につながってくるんですよ!

たとえば「バンド」を一致させられる2台の車両があれば、
こんな遊びが出来ます。

 ・「2人3脚」 http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-3.html
 ・「点対称」 http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-4.html

23level01_01.jpg 23level02.jpg

さらにたくさんのコーンを使えば難易度も上がって、
ちょっとした頭の体操になることうけあい!

また、もっとたくさんQステアがあれば、
3台、4台でちょっとしたダンスをさせてみたり、
友達と2台 対 2台で「2人3脚」「点対称」で競い合うことも!

コントローラーから発せられる赤外線がとどく限り、
1人何台でも操作は可能です(4人いればさらにたくさん!)。
まあ、あまり多すぎるとめちゃくちゃになっちゃいますが…

この1人複数台の遊び方は、
最初軽いパニックに陥っちゃうだろうけど、
慣れると意外にハマっちゃうかも?!(^0^)
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア2人3脚「2人3脚」

2007-05-14 Mon 00:16
23level02.jpg

(1)バンドを共通させることが出来るQステアを2台用意する。

(2)2台のバンドを同じにする。
  <AとA、BとB…(写真の2台はCとCの組み合わせ)>

(3)例えば写真のようにパイロン(なければ代用できる小物など)を並べる。

(4)2台をスタート位置に!

(5)スタートラインがゴールラインになっている。中央のパイロンを両者ともぐるっと回って戻ってくるのだ!

(6)2台ともスタート位置に入れたら天才かも?!


---この遊び方のコツ---
・同時に2台の動きを追うのは結構大変…(^_^;
・2台のQステアの能力をできるだけそろえてやると楽かも?
・写真の広さではちょっと狭すぎる(今回は撮影のためやむを得なかった…)。もっと広い空間で楽しもう!

--- この遊び方でわかったこと ---
・これをやると各車体のカービング性能などがよくわかる。
 今回私が試した2台は曲がり方が顕著に違ったが、
 どうやらタイヤのせいであることがわかった。
「点対称」コースより難しいと思う…(--;
・ちなみに、自分で考えたわりにぜんぜんクリアできなかった(T_T)

※参考記事
Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(1)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-2.html


Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(2)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-5.html
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア2人3脚「点対称」

2007-05-13 Sun 23:58
23level01_01.jpg

(1)バンドを共通させることが出来るQステアを2台用意する。

(2)2台のバンドを同じにする。
  <AとA、BとB…(写真の2台はCとCの組み合わせ)>

(3)例えば写真のようにパイロン(なければ代用できる小物など)を並べる(対称になっていれば何でもOK)

(4)Qステアを向き合うようにしてスタート位置へ!

(5)ゴールは相互のスタート位置。ちゃんとゴールインできるかな?


--- この遊び方のコツ ---
・同時に2台の動きを追うのは結構大変…(^^;
・2台のQステアの能力をできるだけそろえてやると楽かも?

--- この遊び方でわかったこと ---
・これをやると各車体のカービング性能などがよくわかる。
 今回私が試した2台は曲がり方が顕著に違ったが、
 どうやらタイヤのせいであることがわかった。

※参考記事
Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(1)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-2.html


Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(2)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-5.html
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(1)―

2007-05-12 Sat 00:52
今日はQステアで遊ぶ際の車両の台数について。

すでに車両を持っているひとは知っていると思うけど、
レースなどして遊ぶ場合は、
Qステアは一度に最大4人で楽しむことが出来る。

なぜならそれは、
Qステアが赤外線信号によってコントロールされ、
その信号域(バンド)がA・B・C・Dの4種類用意されているから。

だから単純に考えれば、
レースをする仲間たちと信号A・B・C・Dが一致しないように調整しておけば、
最大4人がそれぞれの車でもって楽しめるわけだ。

※コントローラーと車体それぞれに「バンド切換スイッチ」がある。
 コントローラーではA・B・C・D4つを切換可能。
 車体は2種類の信号(「A・B」もしくは「C・D」)の切換に対応。
 Qステア購入時は車両側のバンドに注意しよう!
IMG_0240.jpg


…でもここで、ちょっと発想を変えてみよう!
車両のバンド切換スイッチを切り換えるとき、
考え方も切り替えちゃえば、
もっとエキサイティングな不思議体験ができたりしてっ!

続きは次回! ヒントは「バンドの一致」☆
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

あるQステア応援ブログの幕開け

2007-05-10 Thu 23:18
IMG_0226.jpg

わたしの名は“こまやん”。
チョロQ好きの秋田県民。
最近登場したタカラトミーの「Qステア」に無我夢中だ。

「こんなに小さいのに前後左右・自由自在に走りまくる!」

そんなQステアで遊んでいると、
いろんな発想がわいてくる。
「あんなことやこんなことも出来るんじゃないか?!」
…って。

平坦なコースばかり走らせるのではもったいない!
立体的な、おもしろコースをつくってみよう!
みんなでワイワイ、ひとりでもワクワクできる、
そんな遊び方を考えだそう!

このブログは、
いろんなコースをクリエイトしていく
こまやんの勝手気ままな研究記録日誌である。
別窓 | ’07年の日記 |
| アスレチック Qステア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。