スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |

分裂するパイロン !? 「ボトルキャップ・パイロン」

2008-06-23 Mon 23:30
わたしの住む秋田県は先週末になってやっと梅雨入り。
今日は帰り道に軽く降られて服がビショビショになってしまいました(^^A

そんな本日のテーマは、ひさびさのコースアイテムづくり
このあいだ思いついた “ペットボトルのふた”をつかったQステア用お手軽パイロン を紹介します。

キューステア お手軽パイロン 材料

まずは
「ペットボトルのふた(キャップ)」 と 「コイン(10円玉などの硬貨)」を用意します。

次に、
下の写真のように コインを1枚 床に敷いて、
その上から 逆さにしたボトルキャップ をそっと置きます…

十円玉とペットボトルのふた

分裂するパイロン !? 「ボトルキャップ・パイロン」…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 手作りコースアイテムなど | コメント:2 | トラックバック:0 |

新聞紙でQステア用コースアイテムを作成! 近々タイムアタック企画はじめます !!

2008-02-04 Mon 00:18
この間なんとなく思いついたコースアイテム。
簡単で、しかもけっこう楽しいものが出来上がりました!


使用した車両 : グラスホッパー(ハイスピードモーター装着)


別窓 | 手作りコースアイテムなど | コメント:4 |

Qステアがホップする♪ 「マガジンウェーブ」

2007-08-26 Sun 16:39
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

今回は、雑誌をつかってQステアがホップする路面をつくる。


別窓 | 手作りコースアイテムなど |

まっすぐ走れないんです!? 「うちわトラップ」

2007-08-26 Sun 16:10
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

今回は、うちわを利用した凸凹(デコボコ)トラップをつくる。


別窓 | 手作りコースアイテムなど |

気分はオフロード!? 段ボールで凸凹路面をつくる

2007-08-21 Tue 20:55
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

今回は、段ボールの ~ なみなみ ~ を利用した凸凹(デコボコ)路面をつくる。


別窓 | 手作りコースアイテムなど | コメント:2 |

下じきでQステア用「シーソー橋」をつくる

2007-07-13 Fri 00:16
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

今回のお題は、下じきシリーズ第3弾。
下じきとガチャガチャのカプセルで「シーソー橋」をつくる

IMG_0427_f.jpg

別窓 | 手作りコースアイテムなど |

下じきでQステア用「傾斜カーブ」をつくる

2007-06-30 Sat 15:00
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

今回のお題は、下じきシリーズ第2弾。
下じきとガチャガチャのカプセルで「傾斜カーブ」をつくる

IMG_0449.jpg

別窓 | 手作りコースアイテムなど | コメント:2 |

Qステアと「グラグラばし」

2007-06-24 Sun 23:44
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

今回のお題は、下じきシリーズ第1弾。
下じきとガチャガチャのカプセルを使った「グラグラばし」

IMG_0385.jpg

別窓 | 手作りコースアイテムなど |

下じきとガチャガチャのカプセルでコースアイテム作り

2007-06-20 Wed 22:58
Qステアは小さいのに自由自在な操作が可能。
だから、
タイムを競い合うレースも醍醐味の一つだけれど、
身の回りにある家具や日用品の上を
チョロチョロとドライブさせるのも
これまた楽しい! そしてちょっと癒されたりして♪

そこで、当ブログでは
この“楽しさ”と“癒し”をより充実させるべく、
文房具や小物など、比較的手に入れやすそうなものも使った
Qステア用のちょっとしたアスレチックアイテムを
プロデュースしていきたいと思います。
(今までフォトばかり載せていましたが、いよいよ本来の趣旨に立ち帰ります!(>_<; )

すでに第1弾として、ブログ内で紹介した「ブックスタンド」を使ったトンネル交差点がありますが、

今回第2弾として、
「下じきと○○」をテーマにしたアイテムを紹介していきます。

詳細は後日アップしますが、
とりあえず今回は下じきとガチャガチャのカプセルを使った
おもちゃを作ってみました。
材料があれば、ものの数分でできあがってしまう
ほんとうに簡単なものです。
予算もほとんどかかりません(個人的にはココが一番のポイント!)



ってなわけで、次回を乞うご期待!
…いや、期待を裏切ってしまいそうな気がするので、
やっぱり大目に見ていただきながらご覧くださいませ(^^; )
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

コーナリングに差が出る! 後輪タイヤ新旧比較(3)

2007-05-25 Fri 22:54
新旧タイヤ比較(1)(2)(3)

新旧タイヤをシャッフルして再検証!

(7) ランエボVIII と フィアット500 のタイヤを交換する

IMG_0325x007_002.jpg

検証順車両名スピードタイヤ
ランエボVIII普通旧タイヤ → 新タイヤ
フィアット500やや遅い新タイヤ → 旧タイヤ




この状態で、2台のコーナリング性能は変化するだろうか?

別窓 | 手作りコースアイテムなど |

コーナリングに差が出る! 後輪タイヤ新旧比較(2)

2007-05-25 Fri 03:00
新旧タイヤ比較(1)(2)(3)

今回比較に用いたQステア

 ・ランサーエボリューションVIII(QSRS-02 レーシングセットより)
 ・フィアット500(QSS-04 FIAT500)
 ・コルベットC3(QSH-01 コルベットC3)

IMG_0286.jpg


検証条件

 ● 各車両に改造等を施さない(ハイスピードギアユニット等を用いない)。
 ● 電池残量やギアのなめらかさなど、車体の条件は特にそろえない
  (そのほうがかえって結果がわかりやすく出たため)。
 ● ダッシュボタンは使わない。
 ● 45.6×59.4cm のマット(だいたいA2サイズ。百円ショップで購入)の上で検証。
 ●Qステア用パイロンを目印として用いる。



それでは検証スタート!

別窓 | 手作りコースアイテムなど |

コーナリングに差が出る! 後輪タイヤ新旧比較(1)

2007-05-24 Thu 23:44
新旧タイヤ比較(1)(2)(3)

あなたの自慢のQステアはなんですか?

そのQステアは、
下の写真にうつっている2種類のうち、
どちらの形状のタイヤをはいていますか?

R0011730.jpg


別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステアと「ブックスタンド交差点」

2007-05-19 Sat 22:19
身近な道具でQステア用のコースアイテムをつくるコーナー。

本日は100円ショップでみつけたブックスタンド(本立て)を使って
ちょっとした交差点をつくってみた。


用意するもの

 ・ブックスタンド(写真にあるようなタイプのもの。道幅を広く出来そうなものがGOOD!

 ・丈夫で柔らかい紙(画用紙や名刺など。今回は名刺の用紙を使用)

 ・両面テープ

R0011867.jpg

R0011840.jpg


つくりかた

・まず両面テープを 上の写真のように
 紙(名刺)のウラ3ヵ所(紙の真ん中と両端)に貼る。

・テープの剥離紙をはがし、紙をブックスタンドの段差部分と床とに固定する。
※フローリングの床板などに直接貼ると、はがすときに床を傷つけかねない。
そういう場合は大きめの画用紙などを下に敷こう!


・これでQステアがスムーズに走れるようになる。
 すべての段差に貼れば、2本の通路が完成。
 この2本と交差するブックスタンドの穴も通路と見立てれば、
 あっという間にQステア専用交差点のできあがり~!!

R0011842.jpg


※ちなみに、紙を貼らなくてもステアによっては段差を乗り越えられるけど、
ボディが傷つく可能性があるため、
今回のように手を加えた方がベストかと思います。



この交差点は遊んでみたらけっこうハマってしまいました(^^)
ただ、無理な走行をするとステアが壁にガツガツとぶつかって
車体を傷つけてしまう場合もあるので、
交差点に進入する際はスピードを落として慎重に運転しましょう!
また友達と遊ぶときも衝突しないようにご注意を!
クルマもステアも安全運転で。

R0011847.jpg



--- 関連する記事 ---
・Qステアと「ブックスタンド・トンネル」
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-11.html
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステアと「ブックスタンド・トンネル」

2007-05-18 Fri 22:58
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(2)―

2007-05-14 Mon 01:03
前回は、みんなでレースなどしてQステアを楽しむ場合は1人1台、というのが一般的であることを
やや遠回しに書いたけど(いや書いてないか?)、
それはA・B・C・Dの4つの「バンド」があるからこそ可能なのである。
バンドが異なるようにセッティングすれば、最大4人・車体4台で遊ぶことが出来る。

では、ちょっと考え方を変えて、
バンドを一致させたらどうなるだろうか。

答えはカンタン。
1個のリモコンの操作で複数のQステアがみんな同じように動く。

「うわっ、まずい! バンド替えなきゃ!」

と思ったあなた。ちょっと待って!
この事実って、けっこう楽しい遊び方につながってくるんですよ!

たとえば「バンド」を一致させられる2台の車両があれば、
こんな遊びが出来ます。

 ・「2人3脚」 http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-3.html
 ・「点対称」 http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-4.html

23level01_01.jpg 23level02.jpg

さらにたくさんのコーンを使えば難易度も上がって、
ちょっとした頭の体操になることうけあい!

また、もっとたくさんQステアがあれば、
3台、4台でちょっとしたダンスをさせてみたり、
友達と2台 対 2台で「2人3脚」「点対称」で競い合うことも!

コントローラーから発せられる赤外線がとどく限り、
1人何台でも操作は可能です(4人いればさらにたくさん!)。
まあ、あまり多すぎるとめちゃくちゃになっちゃいますが…

この1人複数台の遊び方は、
最初軽いパニックに陥っちゃうだろうけど、
慣れると意外にハマっちゃうかも?!(^0^)
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア2人3脚「2人3脚」

2007-05-14 Mon 00:16
23level02.jpg

(1)バンドを共通させることが出来るQステアを2台用意する。

(2)2台のバンドを同じにする。
  <AとA、BとB…(写真の2台はCとCの組み合わせ)>

(3)例えば写真のようにパイロン(なければ代用できる小物など)を並べる。

(4)2台をスタート位置に!

(5)スタートラインがゴールラインになっている。中央のパイロンを両者ともぐるっと回って戻ってくるのだ!

(6)2台ともスタート位置に入れたら天才かも?!


---この遊び方のコツ---
・同時に2台の動きを追うのは結構大変…(^_^;
・2台のQステアの能力をできるだけそろえてやると楽かも?
・写真の広さではちょっと狭すぎる(今回は撮影のためやむを得なかった…)。もっと広い空間で楽しもう!

--- この遊び方でわかったこと ---
・これをやると各車体のカービング性能などがよくわかる。
 今回私が試した2台は曲がり方が顕著に違ったが、
 どうやらタイヤのせいであることがわかった。
「点対称」コースより難しいと思う…(--;
・ちなみに、自分で考えたわりにぜんぜんクリアできなかった(T_T)

※参考記事
Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(1)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-2.html


Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(2)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-5.html
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア2人3脚「点対称」

2007-05-13 Sun 23:58
23level01_01.jpg

(1)バンドを共通させることが出来るQステアを2台用意する。

(2)2台のバンドを同じにする。
  <AとA、BとB…(写真の2台はCとCの組み合わせ)>

(3)例えば写真のようにパイロン(なければ代用できる小物など)を並べる(対称になっていれば何でもOK)

(4)Qステアを向き合うようにしてスタート位置へ!

(5)ゴールは相互のスタート位置。ちゃんとゴールインできるかな?


--- この遊び方のコツ ---
・同時に2台の動きを追うのは結構大変…(^^;
・2台のQステアの能力をできるだけそろえてやると楽かも?

--- この遊び方でわかったこと ---
・これをやると各車体のカービング性能などがよくわかる。
 今回私が試した2台は曲がり方が顕著に違ったが、
 どうやらタイヤのせいであることがわかった。

※参考記事
Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(1)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-2.html


Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(2)―
http://karakuriq.blog104.fc2.com/blog-entry-5.html
別窓 | 手作りコースアイテムなど |

Qステア☆レーシングスタイル考察 ―車両台数(1)―

2007-05-12 Sat 00:52
今日はQステアで遊ぶ際の車両の台数について。

すでに車両を持っているひとは知っていると思うけど、
レースなどして遊ぶ場合は、
Qステアは一度に最大4人で楽しむことが出来る。

なぜならそれは、
Qステアが赤外線信号によってコントロールされ、
その信号域(バンド)がA・B・C・Dの4種類用意されているから。

だから単純に考えれば、
レースをする仲間たちと信号A・B・C・Dが一致しないように調整しておけば、
最大4人がそれぞれの車でもって楽しめるわけだ。

※コントローラーと車体それぞれに「バンド切換スイッチ」がある。
 コントローラーではA・B・C・D4つを切換可能。
 車体は2種類の信号(「A・B」もしくは「C・D」)の切換に対応。
 Qステア購入時は車両側のバンドに注意しよう!
IMG_0240.jpg


…でもここで、ちょっと発想を変えてみよう!
車両のバンド切換スイッチを切り換えるとき、
考え方も切り替えちゃえば、
もっとエキサイティングな不思議体験ができたりしてっ!

続きは次回! ヒントは「バンドの一致」☆
別窓 | 手作りコースアイテムなど |
| アスレチック Qステア |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。